ジョーティッシュ アカデミー ジャパン

お問い合わせ

ジョーティッシュ用語集

ジョーティッシュで使用するサンスクリット語の用語集(※様々な文献から引用しまとめていく予定)

用語アルファベット説明
アビジットAbhijit臨時の28番目のナクシャトラ。シュラヴァナとダニシュターの間に位置している。主にムフルタで使用され、アショッタリダシャーを計算するために使われる。
アハルガナAhargana創造の最初からの日数。シャドバラの計算で使用される。
アートマカラカAtma Karakaジャイミニシステムで使用する変動表示体で、魂の表意星。度数の最も高い惑星を指す。
アクシャヴェーダムシャAkshavedamsha分割図の一つ。出生図のそれぞれの星座を45の部分に分割して計算されたもので、人生全般を分析するのに使用できる。
アマティヤカラカAmatyakaraka出生図で2番目に度数が高い惑星
アムシャクンダリーAmsha Kundalis出生図を分割することによって形成されたチャートで、全体的にアムシャクンダリー又はアムシャもしくは、ヴァルガ、分割チャートと呼ばれている。それぞれのアムシャクンダリーはそれが関係する人生の特定の分野を持っており、そのため、それらの分野を正確に予想するのに役立つ。
アムシャAmshasアムシャクンダリーの短い名前
アムシャーユAmshayu寿命計算
アンカバリューAnka Valueヴァスタ(avashta)を計算する際にこの価値が使われる。
アンタルダシャー
Antar Dashas
アンタルダシャーは主な惑星期間(マハダシャー)の下位期間であり、2、3か月から2、3年まで続くことが出来る。マハダシャーの支配星と同様、アンタルダシャーの支配星に割り当てられている期間に依存する。
アヌラーダAnuradha土星によって支配されている27のナクシャトラの一つ。
アールドラーArdraラーフによって支配されている27のナクシャトラの一つ。
アリAri第6ハウス
アリシュタバンガArishta Bhanga人生の早期に否定的な配置の脅威をキャンセルするチャートの中のコンビネーション。
アルダラグナArudha Lagnaアルダラグナはジャイミニシステムで使用されるラグナでラグナの支配星がラグナから進んだハウス(星座)の数だけ更に進んだハウス(星座)のことを指す。

ラグナの支配星が自室に在住している場合の扱いなどに若干の解釈の見解の違いが存在する。
アセンダントAscendantアセンダントは誕生時に東から上昇している黄道十二宮であり、アセンダントの度数はその時上昇している星座の特定の度数のことを指す。
アーシュレーシャAshlesha水星によって支配されている27のナクシャトラの一つで、9番目のナクシャトラ。
アシュタカヴァルガAshtakavargaそれぞれの惑星とアセンダントからの距離を考慮することによって惑星の好ましい位置と好ましくない位置を決定する複雑なシステムであり、数値の形で、配置の吉凶を定義する。
それぞれの星座におけるトランジットの吉凶を決定したり、12ハウスの吉凶を見極めたりするのに使うことができ、寿命計算のための基礎として使用することができる。
アシュタコータAshtakoota8つの要因を考慮する結婚の相性評価のシステム。
アシュヴィニー
Ashwini ケートゥによって支配される27のナクシャトラの一つ。
アスペクトAspectsホロスコープの中で惑星が他の惑星やハウスに及ぼす影響であり、サンスクリット語では、ドリシュティ―(意味は「見る」)と呼ぶ。

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

(参考文献、参考資料)

Parashara’s Light The Ultimate Vedic Astrology Software USER MANUAL 『APPENDIX 2 : DICTIONARY OF ASTRO-LOGICALTERMINOLOGY』より引用抜粋